Top > プラセンタサプリメント商品 > MFⅢ植物性プラセンタ > MFⅢ植物性プラセンタカプセルの特徴

MFⅢ植物性プラセンタカプセルの特徴

MF3植物性プラセンタカプセルでアンチエイジング

植物性プラセンタとは

MFⅢ植物性プラセンタカプセルスイス MFIII の植物性プラセンタカプセルには、いわば活きた『植物性の胎盤』が成分として含まれています。植物にとって胎盤(プラセンタ)の働きをするのは、胚の若芽の中心部で作られる胎座 (プラセンタ) です。胎座(プラセンタ)は成長期に植物の実の滋養分となります。MFIII VPカプセルに含まれている植物性プラセンタは、植物の胚の性質を受け継いでいるため、他のどんなサプリメントよりも効果的に細胞の再生を促進します。 天然の胚の植物成長ホルモンが補給されるので、細胞中の酵素の働きが活性化するのです。

MFIII植物性プラセンタのメカニズム

MFIIIVPカプセルには、アラニン、プロリンといったアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は非常に小さい生体分子で、たんぱく質や酵素の主要な告ャ要素です。 それらのアミノ酸は、リボゾームで解読されるメッセンジャー RNA の遺伝子暗号にしたがい、トランスファーRNAの働きでたんぱく質となります。 たんぱく質の合成に最も多く使われるのは、アラニンという 2番目に小さなアミノ酸です。筋肉組織の中に高濃度で含まれています。余分のアラニンはグルコースに分解され、エネルギーとして使われます。 脳の神経伝達物質の抑制剤または鎮静剤としての働きもあります。免疫力を高めます。 低血糖症の場合、血液中のグルコース濃度を安定させます。


MFIII植物性プラセンタの効用

「肌にハリがない」「体形の崩れが気になる」「顔色がくすんでいる」などのでお悩みの方にお勧めです。
MFIII VP と植物性プラセンタの関係 胎盤と似た効果のある植物エキスにより細胞再生率が増加 哺乳類の胎盤を生物的、化学的に合成して加水分解した胎盤エキスの代用として 植物性プラセンタには動物性成分は含まれていません。
製品に使用される基礎たんぱく質は、大豆から抽出したたんぱく質であり、使用される酵素も植物性です。 細胞の成長因子となる成長促進剤には、精製したアロエベラ エキスを使用しています。
植物性プラセンタは、人間または動物の胎盤エキスと同じ効果を持つ代用品として開発されました。 植物性プラセンタは細胞の活性化を促進します。


詳細はこちら
HOME